パシフィック・インターナショナル・バレエ・コンペティション パシフィック・インターナショナル・バレエ・コンペティション

 

ウラジミール・マラーホフ  Vladimir Malakhov
元ベルリン国立バレエ団 芸術監督

 

ウクライナのクルィヴィーイ・リーフに生まれる。4歳でバレエを始め、10歳のときに、ボリショイ・バレエ学校に入学。1986年にモスクワ・クラシック・バレエ団に入団し、最年少のプリンシパルとなる。また同年にはヴァルナ国際バレエコンクール金賞、1989年にはモスクワ国際バレエコンクールで金メダルを受賞する。1992年にウィーン国立歌劇場バレエ団、1994年にはカナダ国立バレエ、1995年、ABTのプリンシパルとして活躍。2002年にはベルリン国立バレエ団の芸術監督に就任。現在は東京バレエ団のアーティスティックアドバイザーを務める。

 

 

マラーホフ・バレエ・ワークショップ 2018

 

 

ジュルジ・サカーイ  György Szakály
国立ハンガリアン・ダンスアカデミー 校長

 

ハンガリアン・ダンス・アカデミーにて学ぶ。卒業後、国立ハンガリアン・バレエ団の一員となる。ドルトムント・オペラ、ボン・オペラのソリストとして活躍。ハンガリー文化省から文化勲章を受章するなど、数々の賞を受賞。サカーイ氏は舞台監督、バレエ講師、振付家としても有名であり、ヨーロッパや日本で数々のバレエ国際コンクールの審査員、ワークショップ特別講師を務めている。2011年よりハンガリアン・ダンス・アカデミーの総長を務める。

 

 

シオマラ・レイエス  Xiomara Reyes
ワシントン・スクール・オブ・バレエ 校長

 

キューバ出身。キューバ国立バレエ学校で学び、同バレエ団でソリストとして舞台に立つ。ペルーの国際バレエコンクールで金賞、パリ国際バレエコンクールで銀賞、ヴァルナ国際バレエコンクールでベストカップル賞を受賞。その後はベルギー・フランダース・ロイヤルバレエ団でソリストとして7年間在籍し、アメリカンバレエシアターに移籍。最初の2年をソリストとして、その後の12年間をプリンシパルとして活躍。2015年の退団後は、ゲスト・アーティストとして国内外の様々な舞台に出演。現在はワシントンバレエ学校の校長として指導をするほか、バレエ夏期講習の主催をするなど、未来のダンサーの育成に尽力している。

 

 

安達 悦子  Adachi Etsuko
東京シティ・バレエ団理事長・芸術監督 (4月3日審査)

 

松山バレエ学校で学び、バレエ団でソリスト・プリマとして踊る。1979年慶應義塾大学在学中、第1回アメリカジャクソン国際コンクール銅メダル受賞。同年、文化庁芸術家在外研修員として2年間モナコに留学し、マリカ・ベゾブラゾヴァの指導を受ける。1986年東京シティ・バレエ団入団。プリマとして迎えられ、「白鳥の湖」「ジゼル」「コッペリア」「エスメラルダ」「真夏の夜の夢」などに主演する傍ら、オペラの振付けなども手がける。2008年文化庁研修員としてベルリン国立バレエ団に派遣され、ベルリンを拠点にヨーロッパ各地で研鑽を積む。2009年4月より、東京シティ・バレエ団理事長および芸術監督に就任。江東区との芸術提携を軸に多彩なバレエ団活動に努め、「ベートーヴェン交響曲第7番」(ウヴェ・ショルツ振付)の日本初演を実現させ好評を博した。また、NHK放送「ローザンヌ・バレエコンクール」の解説者のほか、「TANZOLYMP」(ベルリン)や「Korea International Ballet Competition」(韓国)など国内外のバレエコンクールの審査員も務め、献身的なバレエ教育を行っている。 主な受賞歴に、音楽新聞新人賞、第30回橘秋子優秀賞(2004年)、第38回橘秋子特別賞(2016年)など。 現在、洗足学園音楽大学バレエコース教授。

 

 

ヴィスラフ・デュデック  Wieslaw Dudek
元ベルリン国立歌劇場・プリンシパル

 

ポーランドのオストロフ、ウィルコポルスキで生まれる。1987年にロッジバレエスクールに入学、卒業時1996年にはベストポーランドスチューデント賞を受賞し、ワルシャワ国立歌劇場に入団。1年後にロッジ歌劇場に移籍し、2年後には同劇場のプリンシパルに昇格、様々なレパートリーを踊る。2000年、シュトゥットガルトバレエ団に移籍。2003年にはベルリン国立歌劇場にソリストとして入団し、2005年にはプリンシパルに昇格する。オネーギン、ロメオ&ジュリエット、白鳥の湖、くるみ割り人形等クラシック作品の主役に加え、バランシン作品や、その他数々の振付家の作品を得意とした。2003年には自身の作品「Gute Fahrt」をシュトゥットガルトにて発表し、振付家としての才能も発揮し始める。同年にシュトゥットガルトにてバレエ教師の資格を取得してからは、教師としての活動も幅広く行っている。シュトゥットガルトバレエ、ベルリン国立歌劇場、ハンガリアン・ダンス・アカデミー等でセミナーを行う。2015年には、今までの功績を称えられ、ポーランド、ロッジ市から特別功労賞、文化芸術賞を贈られる。現在は妻の中村祥子と共に日本に活動の拠点を移し、K-Ballet Companyや東京シティバレエでのセミナー、YAGPで講師、その活動は多岐に渡る。

 

 

タチアナ・コズロバ  Tatiana Kozlova
元ボリショイバレエ団ダンサー

 

1975年 ボリショイバレエ学校入学
1985年 ボリショイバレエ入団
1996年 新国立劇場バレエ団入団

モスクワのボリショイバレエ学校卒業後、ボリショイバレエ団で活躍の他、バレエミストレス・通訳・衣装を担当する等、多岐に渡り活躍。現在はフリーランス講師として本格的なワガノワメソッドを指導。

 

 

根岸 正信  Negishi Masanobu
元新国立劇場ソリスト ・ TANZ STUDIO M 代表講師

 

牧阿佐美バレエ団ソリスト、新国立劇場バレエソリスト、ベルリンバレエコミッシェ オーパーソリスト、シアタードルトムントソリストとして活動する。古典バレエからバランシン、ローランプティ、フォーサイス、ヴァンマーネン、ビゴンゼッティ、ナチョデュアト等のモダン、 コンテンポラリー作品に出演。 ウェストサイドストーリーのミュージカルやオペラ等にも出演。
1988年にアジアバレエコンクール第1位、1989年に村松賞新人賞、2000年に橘秋子助演優秀賞を受賞する。現在は、TANZ STUDIO M 代表を務める傍ら、オールジャパンユニオンコンクール、埼玉全国舞踊コンクールでは審査員を務め、K-BALLET GATE、チャコットでも指導にもあたる。

 

【ユース・スカウト】
サヤト・アサトゥリャン  Sayat Asatryan
Encinitas Ballet(CA)の芸術監督、プロデューサー
元ロシア国立モスクワ・クレムリンバレエ・プリンシパル

 

アルメニア共和国のエレバンで生まれる。ロシア国立ヴォロネジ・バレエ・アカデミーでバレエを学んだ後、ワガノワ・バレエ・アカデミーに転校。1998年にロシア国立クレムリンバレエ団に入団し、主要なクラシックバレエの主役を全て網羅した。伝説と呼ばれるウラジミール・ワシーリエフや、アンドレイ・ペトロフ等と仕事をしている。南アメリカ、ヨーロッパ、日本、フランス、エジプト、イタリア、中国、メキシコ、アメリカ等、数々の国で客演をし、成功を収めている。 1999年にアメリカ合衆国へ移住。振付家としての能力も高く評価されるようになる。 現在は、Encinitas Ballet Academyを主催。バレエは世界の共通言語であり、国境、文化の違いを超えられるという信念を持ち、後進の育成に努めている。

※エンシニータス・バレエより入賞者1名に、賞金10万円、舞台公演出場権、サマースクール・スカラシップ、サンディエゴ文化交流プログラム参加権が付与されます。

 

 

※審査員が変更になる場合があります。

 

バレエピアニスト
小泉 直美  Koizumi Naomi

 

国内外に於いて各国のバレエ団芸術監督、プリンシパル、バレエスクール校長等のワークショップ及びオーディション、コンクール等の伴奏を務めるほか、バレエ団やバレエスクール、オープンクラス等で伴奏すると共に後進の指導にもあたる。

 

 

PAGE TOP


(C) 2017 Pacific International Ballet Competition

パシフィック・インターナショナル・バレエ・コンペティション事務局