パシフィック・インターナショナル・バレエ・コンペティション バレエ・コンクール PIBC

 

Juries

審査員紹介

 

アレクサンドル・ブーベル  Aleksandr Buber
元 ベラルーシ国立バレエ団 プリンシパル

 

2001年 ベラルーシ国立バレエ学校を卒業。同年ベラルーシ国立バレエ団 ソリストとして入団
2003年 ベラルーシ国立バレエ団プリンシパルに昇格
2005年 期待される若者に贈られる大統領賞を受賞
2006年 K-balletカンパニーソリストとして入団
2009年 K-balletを退団
現在フリーダンサーとして活躍するかたわら講師、コンクール審査員なども務めている
2011年 渡部ブーベルバレエアカデミー開校


【受賞暦】
2001年 インターナショナルコンクール "カザン" にてファイナリスト ディプロマ
2003年 フィリップモリス デビュー賞 
2004年 インターナショナルコンクール "ヴァルナ" にて審査員特別賞およびファイナリスト ディプロマ
2005年 世界モダン&バレエコンクール 金賞 受賞
2006年 インターナショナルコンクール "ジャクソン" アメリカ にてファイナリスト ディプロマ

 

坂口 忍  Sakaguchi Shinobu
元 スウェーデン王立バレエ団ダンサー

 

福岡にてバレエを始める。ローザンヌ国際バレエコンクール出場を機に、カナダ ナショナル バレエスクールへ留学。Peter Dwyer スカラーシップを受賞。

1997年 アダム・クーパーに抜擢されクーパー振付「Reflection」にてパ・ド・ドゥ、他を踊り、イギリスツアーに参加。
1999年 ナショナルバレエ オブ アイルランドに入団、プリンシパルとして「白鳥の湖」、「くるみ割人形」、「眠れる森の美女」等の主役、他多数の作品を踊る。
2002年ノルウェー国立バレエ団へ移籍、「春の祭典」にて主役、バランシン、ナチョ・デュアト等の作品にてソロ他、多数の作品を踊る。
2005年スウェーデン王立バレエへ移籍。クラシックバレエ作品に加え、キリアン、マッツ・エック、ジャン・クリストフマイヨー、他多数の現代振付師のネオクラシック、コンテンポラリー作品を踊る。

現在は忍バレエスクール国分寺代表を務める傍ら、東京高等バレエ学校にて後世の指導にあたる。海外バレエ団と学校教師の通訳やアシスタント等も務める。

 

根岸 正信  Negishi Masanobu
元 新国立劇場ソリスト・ TANZ STUDIO M 代表講師

 

牧阿佐美バレエ団ソリスト、新国立劇場バレエソリスト、ベルリンバレエコミッシェ オーパーソリスト、シアタードルトムントのソリストとして活動する。古典バレエからバランシン、ローランプティ、フォーサイス、ヴァンマーネン、ビゴンゼッティ、ナチョデュアト等のモダン、 コンテンポラリー作品に出演。 ウェストサイドストーリーのミュージカルやオペラ等にも出演。
1988年にアジアバレエコンクール第1位、1989年に村松賞新人賞、2000年に橘秋子助演優秀賞を受賞する。現在は、TANZ STUDIO M 代表を務める傍ら、オールジャパンユニオンコンクール、埼玉全国舞踊コンクールでは審査員を務め、K-BALLET GATE、チャコットでも指導にもあたる。

 

鶴谷 美穂  Tsurutani Miho
元 新国立劇場バレエ団 ソリスト

 

LISTD Cecchetti
Enrico Cecchetti Final Diploma

英国ロイヤル・バレエ・スクール卒。日本人初のイングリッシュ・ナショナル・バレエ団員。同バレエ団のパトロン故ダイアナ妃御前公演を始め、ヨーロッパの主要な劇場にて数百回の公演に出演。帰国後、新国立劇場バレエ団ソリスト、Kバレエ・カンパニーソリストとして活躍。長野五輪開会式にてソリストを務める。

現役引退後、英国チェケッティ協会奨学金の招聘で再渡英し、日本人3人目のエンリコ・チェケッティ・ファイナル・ディプロマを授与される。英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ附属学校「エルムハースト」ゲスト講師。英国「レガット・スクール」ゲスト講師。

現在は教師養成資格を合わせ持つ英国ISTDライセンシエイト(チェケッティ上級教師資格)を保持し、渋谷区神宮前にて「英国ISTD認定バレエ・スクール The Ballet Garden」を主宰。日本から海外を目指す人材の育成にも力を入れ、英国「エルムハースト」入学オーディション講師、「ロイヤル・コンサヴァートリー・オブ・スコットランド」入学オーディション講師、英国ロイヤル・バレエ・スクール元校長ダイアン・ヴァン・スクーア氏通訳などを担当。国内外のコンクール審査員としても活躍。

 

フランク・ファントンガレン  Frank van Tongeren
元 ジョージア国立バレエ団 プリンシパル

 

オランダ出身。オランダ国立バレエ学校、デン・ハーグの王立コンセルヴァトワールにて学ぶ。幼い頃からオランダ国立バレエ団の舞台に立ち、「くるみ割り人形」でフリッツや芸術監督の作品「Body」にて子役を務める。2010年に学校を卒業後、ノルウェー国立バレエ団に入団。2012年には香港バレエ団に移籍し、2014年にはコリフェへと昇格。2013年には韓国の国際コンクールにて審査員特別賞を受賞し、2015年にニーナ・アナニアシヴィリ率いるジョージア(旧グルジア)国立バレエ団にプリンシパルとして招待される。プリンシパルとして数々の主役を務め、成功を納める。ジョージア国内だけでなくアメリカやヘルシンキ、イタリアの舞台でニーナ・アナニアシヴィリのパートナーとして「椿姫」や「レ・シルフィード」などを踊り脚光を浴びる。2016年に『福岡インターナショナルバレエフェスティバル ガラコンサート』を企画した。
2018年に「ロミオとジュリエット」でロミオとして大成功を収めた後、日本での活動を広げたいと思い福岡に移住することを決め、FIBF として"ダンスを通した健康で幸せな街づくり"に向けて活動を始める。 現在はFIBFの主催者としてだけでなくダンサー、ヨガインストラクター、振付家としても活動中。

 

ガンバ―トル・ツォルモン  Ganbaatar Tsolmon
元 モンゴル国立オペラ座 バレエダンサー

 

1973年10月生まれ。1992年にロシア・ワガノワバレエアカデミーを卒業した後、アジアパシフィックバレエコンクール、国際バレエinニューヨーク、モンゴル民族バレエコンクールで優秀賞などを受賞。東京小牧バレエ団や中国タンジン市バレエ団に招待され公演に出演する。
2010年国立芸術大学クラシックバレエ指導者専門で卒業後、2012年にモンゴル芸術世界の優秀者だけに政府から与えられるモンゴル名誉勲章を受賞。

 

高岸 直樹  Takagishi Naoki
元 東京バレエ団 プリンシパル

 

1986年、チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。翌年、ベジャールの「ザ・カブキ」において弱冠21歳で由良之助に抜擢され、一躍話題の的となる。以来、東京バレエ団のあらゆるレパートリーで主役を演じる。1989年、ブリュッセルのベジャール・バレエ団の公演に客演。ジョルジュ・ドンの代役として「ボレロ」を踊った際には、カーテンコールが25分という大成功を収めて、シルヴィ・ギエム、ローラン・イレールなど、世界の名だたるバレエダンサーとの共演も数多い。

また、東京バレエ団の海外公演にも20回近く参加。ベルリン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ロイヤル・オペラ・ハウス、ウィーン国立歌劇場、ボリショイ劇場など、各国を代表する歴史と伝統ある劇場において、数々の作品で主演する。

1995年のオーストラリア・バレエ団での3ヶ月の客演を始め、近年では、ベルリン「マラーホフ & フレンズ」、メルボルン「オーストラリア・バレエ団創立50周年ガラ」、フィレンツェ歌劇場「東日本大震災復興支援ガラ」など、海外での客演も多数。

29年間に渡り、東京バレエ団のプリンシパルとして第一戦で活躍した後、2015年に退団、特別団員となる。
現在は、身長187cmの恵まれた身体を活かし、バレエ、ジャズなどジャンルにとらわれず、ダンサーとして活躍する傍ら、舞台の振付も行っている。また、退団後に設立した自身のスタジオ 「髙岸直樹ダンスアトリエ」 などで、後進の指導にあたっている。

 

佐藤 麻利香  Sato Marika
谷桃子バレエ団 プリンシパル

 

2004年カナダGoh Ballet Academyへ留学。2005年より同校スカラシップ留学。
2008年同校卒業後、Banff Dance Program に参加。ジョージ・バランシン振付『Divertmento#15』第5variation、ペギー・ベイカー振付『Julio Lumo』リーダーを踊る。同年、Ballet Ireland に入団 『Swan Lake』オデット/オディールを踊る。

2009年谷桃子バレエ団に入団。
『ドン・キホーテ』第3幕 第1 variation、『リゼット』リゼットの友人、『ラ・バヤデール』パダクションゴールド、第3幕 第2 variation、『白鳥の湖』オディールなどを踊る。2012年新春公演『シンデレラ』において主役デビュー。その後『ライモンダ』ライモンダ、『くるみ割り人形』金平糖の精、『白鳥の湖』オデット/オディール、『ジゼル』ジゼル、『海賊』メドーラ、『眠れる森の美女』オーロラ姫、『ドン・キホーテ』キトリ、『ラ・バヤデール』ニキヤなどを踊る。
2018年3月ロシアウラジオストクにてエルダー・アリエフ版『眠れる森の美女』にて主演。
また谷桃子バレエ団附属アカデミー講師、洗足学園音楽大学バレエコース非常勤講師を務める。

 

岡部 舞  Okabe Mai
元 ネザーランドダンスシアター ダンサー

 

福岡市の古森美智子バレエ団研究所にて学ぶ。
1997年ハーグ王立音楽院へ留学。在学中にネザーランドダンスシアターやオランダ国立バレエ団の公演に出演。1998年ネザーランドダンスシアターのウィーンツアーに参加し舞台に立つ。2000年卒業。
帰国後はKバレエカンパニー、松岡伶子バレエ団等で活躍。現在東京を中心に指導者として活躍中。

 

※順不同。審査員は変更になる場合があります。

 

これまでのPIBC審査員

 

木村 規予香
Kimura Kiyoko
元 ライプツィヒバレエ団 プリンシパル
ヴィスラフ・デュデック
Wieslaw Dudek
元 ベルリン国立歌劇場 プリンシパル
高岸 直樹
Takagishi Naoki
元 東京バレエ団 プリンシパル
ジュルジ・サカーイ
György Szakály
元国立ハンガリアン・ダンスアカデミー 芸術監督
タチアナ・コズロバ
Tatiana Kozlova
元ボリショイバレエ団ダンサー
サヤト・アサトゥリャン
Sayat Asatryan
Encinitas Ballet(CA)芸術監督
ウラジミール・マラーホフ
Vladimir Malakhov
元ベルリン国立バレエ団 芸術監督
シオマラ・レイエス
Xiomara Reyes
ワシントン・スクール・オブ・バレエ 校長
マヒェル・スィラールド
Macher Szilárd
国立ハンガリアン・ダンス・アカデミー 校長
アレン・ボッタイニ
Alen Bottaini
ボッタイニ・メルロ・インターナショナル・スクール・オブ・アーツ 芸術監督
サイモン・キッド
Simon Kidd
モーランド・バレエ・アカデミー クラシックバレエ科 ディレクター
安達 悦子
Adachi Etsuko
東京シティ・バレエ団理事長・芸術監督
ヴィスラフ・デュデック
Wieslaw Dudek
元ベルリン国立歌劇場・プリンシパル
タチアナ・ステパノヴァ
Tatiana Stepanova
トロント・インターナショナル・バレエ・シアター 芸術監督

 

PAGE TOP