パシフィック・インターナショナル・バレエ・コンペティション バレエ・コンクール PIBC

 

Juries

審査員紹介

 

ヤン・リンケンス  Jan Linkens
ハーグ王立音楽院バレエ科 校長

 

オランダ・マーストリヒト生まれ。ハーグのロイヤル・コンセルヴァトワールにてダンスを学ぶ。1977年にオランダ国立バレエに入団。17年間をダンサー、振付家やそして後にバレエマスターとして活躍する。ダンサーとして、ピーター・ライトなどの振付と踊り、フレデリック・アシュトンなどの振り付けの作品も舞台で経験する。1994年からの五年間は芸術監督並びに専属の振付家としてドイツ・ベルリンのTanztheater der Komischen Operで活躍。2009年から2年間はポルトガル国立バレエ団で教師として勤めたほか、ダンサーとクラシックからタンゴまで様々な舞台に立つ。2011年から2016年にかけてはアムステルダムにある国立ダンスシアターで芸術監督、2014年からはハーグのロイヤル・コンセルヴァトワールの教師として後輩育成に尽力している。

 

オリビエ・ヴェルクテール  Olivier Vercoutère
国立ミュンヘン音楽舞台芸術大学バレエアカデミー バレエマスター

 

オリビエ・ヴェルクテールは、フランスのワットルローで生まれ、シュトゥットガルトのジョンクランコ・バレエスクールで学ぶ。卒業後、シュトゥットガルトバレエ団に入団し、1995年にはミュンヘン州立バレエ団に入団しソロを踊る。1996年には、ベルリン国立バレエ団でも活躍し、1999年にはミュンヘン州立バレエ団に戻りその後ソリストに昇格。プティパ・ゴルスキーの「ドン・キホーテ」、ジョン・クランコの「ロミオとジュリエット」、ヤコポ・ゴダーニの「アフターダーク」、ジョン・ノイマイヤーの「幻想、白鳥の湖のように」などに多数出演。現在は、国立ミュンヘン音楽舞台芸術大学バレエアカデミーで教え、ミュンヘン州立バレエ、ジュニアカンパニーのバレエマスターを務める傍ら、ジャパングランプリなど審査員も務める。

 

カイエ・クルブ  Kaie Kõrb
エストニア国立タリン・バレエスクール 校長

 

1961年1月生まれ。1980年にタリン・バレエスクールを卒業した後、エストニア国立オペラ劇場のバレエ団に入団し、自身のバレエダンサーとしてのキャリアを積み始める。入団後間もなくしてプリンシパル・バレエダンサーに昇格。代表作は白鳥の湖、ライモンダ、ジゼル、ドン・キホーテ、ラ・バヤデールを始めとする数々のクラシックバレエ作品である。クラシックバレエのみならず、カルメンや、アントニウスとクレオパトラ、マルグリットとアルマンのマルグリットなど、様々なモダンダンスの振付家と仕事をしてその活動の幅を広げていった。1999年に正式にタリン・バレエスクールの教師になり、同時期にロシア、モスクワにあるGITIS大学でバレエ教育者としての学びを深め、同校を2006年に卒業。2012年にはタリン・バレエスクールの校長に就任。現在は各校のトップとしてタリン・バレエスクールの発展と、生徒の育成に勤しんでいる。

 

バーバラ・エヴァセン  Barbara Eversen
オーストラリア・ダンス・パフォーマンス・インスティチュート(ADPI)ディレクター、RADデュアル審査官

 

ブリスベン生まれのエヴァセンはフィリス・ダナハー、マーティン・ルビンスタイン、キャスリーン・デインツリー、ネリー・ポッツなど、著名な教師の下で学ぶ。クイーンズランド・バレエ・シアターでプリンシパルダンサーとして活躍後、自身の学校、ノーザン・バレエ・アカデミーを設立。1976年にはRADに試験官として招聘され、世界各国で講師と生徒をの教育に携わる。1987年、「ヤング・フレンズ・バレエ団」を設立し、多数の子供たちにバレエと振付を教えオーストラリアの学生の芸術とバレエ学校に貢献する。2002年にはRADの職業審査官となる。同年ブリスベン・ダンスセンターのフルタイムコースが、ADPIに発展し、2003年にアルビオンでの現在の地に移転する。現在は、ADPI校長として世界各国のコンクール審査員としても活躍中である。

 

マイケル・シャノン  Michael Shannon
元アントワープ・ロイヤル・バレエ学校 芸術監督

 

アメリカ人初のボリショイバレエアカデミー卒業生。ボリショイ・バレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ、ウィーン国立バレエ団、 ハンガリー国立歌劇バレエ団、 クレムリン宮殿バレエにてプリンシパルダンサーを務め、ブッシュ元大統領やクリントン元大統領、ゴルバチョフ元大統領の前でパフォーマンスをした経験がある。
2006年、グリニッジ・バレエ・アカデミーの共同創立者として学部長に就任。2008年度のユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)にてOUTSTANDING CHOREOGRAPHER AWARD(振付家賞)を受賞。2008年にはAmerica's Configuration Dance Theaterのレジデンスコレオグラファーになり、2008年、2009年、2010年度のArtvoice Best Dance Companyを受賞。 2010年~2014年、アントワープ・ロイヤル・バレエ学校芸術監督。

 

根岸 正信  Negishi Masanobu
元新国立劇場ソリスト ・ TANZ STUDIO M 代表講師

 

牧阿佐美バレエ団ソリスト、新国立劇場バレエソリスト、ベルリンバレエコミッシェ オーパーソリスト、シアタードルトムントのソリストとして活動する。古典バレエからバランシン、ローランプティ、フォーサイス、ヴァンマーネン、ビゴンゼッティ、ナチョデュアト等のモダン、 コンテンポラリー作品に出演。 ウェストサイドストーリーのミュージカルやオペラ等にも出演。
1988年にアジアバレエコンクール第1位、1989年に村松賞新人賞、2000年に橘秋子助演優秀賞を受賞する。現在は、TANZ STUDIO M 代表を務める傍ら、オールジャパンユニオンコンクール、埼玉全国舞踊コンクールでは審査員を務め、K-BALLET GATE、チャコットでも指導にもあたる。

 

【ユース・スカウト】
アンドレイ・オルロフ  Andrei Orlov
IMPRESSARIO代表、一般社団法人日本ワガノワバレエ協会代表理事

 

ロシア・イジェフスク出身。 ロシア国立ウドムルト芸術大学を首席で卒業し、教育振付家としてロシア国家芸術学士号を取得。 ロシア国立チャイコフス キー記念ウドムルトオペラバレエ劇場、バレエカ ンパニー“Moscow city ballet”にて数々の舞台に立ち、Dance Company "アンサンブル・イジェフスク"にてバレエマスター、振付家として活動。2012年に日本に拠点を移し、谷桃子バレエ団に入団。CID UNESCO TOKYOに出演。2012年以降、RBS-studio、東京高等バレエ学校、他のバレエスタジ オ等で舞台振付、パ・ド・ドゥクラス、キャラクターダンス等の指導を行う。演技法を学ぶための“スタニスラフスキーシステムワークショップ in TOKYO”を主催。2016年シアターXにてロシア民族音楽舞踊アンサンブルGARMOSHKA冬のコンサート〜ロシアの宝箱〜をプロデュース、2018年10月ワガノワ・バレエ・アカデミー主催バレエ教師の復習セミナーを履修。同月同校で開催された会議で、ロシア各地の大学から集まった舞踊や芸術関係の教授陣の前でワガノワ教授法のカリキュラムについての論文を発表。ワガノワ・バレエ・アカデミー日本公式パートナーIMPRESSARIO(‭impressario.jp‬) 代表として、サマーワークショップや正規留学オーディション、バレエ教師の為の再教育プログラムを開催。留学生のオーディションサポートを行う。2013年以降民族舞踊の振付家としてNHK、東海テレビ、朝日テレビなど数多くのメディアに出演。DA PUMPなど多数の芸能人に振付・指導。CM多数出演。2018年よりワガノワ・バレエ教授法を日本へ広めるべく一般社団法人日本ワガノワバレエ協会を設立し代表理事に就任。‬

※順不同。審査員は変更になる場合があります。

 

バレエピアニスト
小泉 直美  Koizumi Naomi

 

国内外に於いて各国のバレエ団芸術監督、プリンシパル、バレエスクール校長等のワークショップ及びオーディション、コンクール等の伴奏を務めるほか、バレエ団やバレエスクール、オープンクラス等で伴奏すると共に後進の指導にもあたる。


 

これまでのPIBC審査員

 

ジュルジ・サカーイ
György Szakály
元国立ハンガリアン・ダンスアカデミー 芸術監督
タチアナ・コズロバ
Tatiana Kozlova
元ボリショイバレエ団ダンサー
サヤト・アサトゥリャン
Sayat Asatryan
Encinitas Ballet(CA)芸術監督
ウラジミール・マラーホフ
Vladimir Malakhov
元ベルリン国立バレエ団 芸術監督
シオマラ・レイエス
Xiomara Reyes
ワシントン・スクール・オブ・バレエ 校長
マヒェル・スィラールド
Macher Szilárd
国立ハンガリアン・ダンス・アカデミー 校長
アレン・ボッタイニ
Alen Bottaini
ボッタイニ・メルロ・インターナショナル・スクール・オブ・アーツ 芸術監督
サイモン・キッド
Simon Kidd
モーランド・バレエ・アカデミー クラシックバレエ科 ディレクター
安達 悦子
Adachi Etsuko
東京シティ・バレエ団理事長・芸術監督
ヴィスラフ・デュデック
Wieslaw Dudek
元ベルリン国立歌劇場・プリンシパル
タチアナ・ステパノヴァ
Tatiana Stepanova
トロント・インターナショナル・バレエ・シアター 芸術監督

 

PAGE TOP